おきなわんの日記

サラリーマン日記

水炊き食べに行ったよ!!

今回は水炊きを食べに行ったので、そのことを書いていきたいと思います。

福岡で鍋といえばもつ鍋が有名ですね。

私ももつ鍋が大好きで、なかなか水炊きを食べるという選択をしてきませんでした。

なので今回はもつ鍋の誘惑を断ち切り、水炊きを食べることにしましたよ!



f:id:okinawajinsei:20200306184230j:plain

まずは小鉢から出てきました。

スープが温まるまではこれを食べながら待ちます。


f:id:okinawajinsei:20200306184735j:plain


こちらがスープです。

まだ具材は鶏肉しか入っていません。

野菜は鶏肉を食べた後で入れるそうです。

独特な作り方というか、食べ方ですね!


f:id:okinawajinsei:20200306185348j:plain


スープが温まると、まずはスープだけを飲むそうです。

そんなことの他の鍋ではしないよね?

早速水炊きならではの洗礼を受けました。

スープはあっさりした味わいで、鶏の風味を感じることができます。

スープは熱々になっているので、猫舌の人は注意しましょう!!


f:id:okinawajinsei:20200306185442j:plain



スープを飲んだ後は、鶏肉を食べましたよ!

いい鶏肉を使っているだけあって、食感が普段食べているものとは違いましたね!

柔らかすぎず、固すぎず。これはスープも美味しいわけですね!


f:id:okinawajinsei:20200306190036j:plain


鶏肉を食べていると店員さんがミンチをボール状にして鍋に投入していきます。

その肉団子と野菜を入れて、一緒に食べていきます。

鍋の具材を食べたところで、シメは雑炊にしてもらいました。


f:id:okinawajinsei:20200306193356j:plain


これまた上品な薄味のシメでした。

少し物足りなかった私はポン酢を追加して頂きましたよ。



水炊きを食べて思ったことは、


「水炊きって上品な食べ物なの??」

ってことです。

普段からもつ鍋やキムチ鍋など、味が濃いものが大好きな私にとって、

水炊きは上品で、素材の味を活かす食べ物なんだなと思いました。

男だけでワイワイ酒を飲みながら食べるものというよりは、

女性と一緒に、静かに上品に食べる鍋という感じを受けました。

もちろんお店の雰囲気や、その人の好みにもよるので

あくまで一個人の感想として受け取って頂けたら幸いです。


皆さんも是非一度食べてみてくださいね!